忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2008.10.26,Sun


本サイト「さまよいの地球」にネパールのフォト・ギャラリーを開設しました。
その名もズバリ、「ヒマラヤが瞳に映る」です。キザっぽいですが(笑)。

いつもだいたい、こうして旅先で撮影した写真をまとめたギャラリー・サイトを作る時は、
旅をしている最中に浮かぶフレーズがあったりするんです。
何かこう、強烈に意識する言葉みたいなものが。
今回はそれが、「ヒマラヤが君の瞳に映る」だったんです。
これはその昔、「ガンダーラ」のヒットで有名なゴダイゴが、
その路線(?)で北上し(いや、二番煎じ?・・・笑)、
ネパールをテーマにした曲を作ったんですね、「カトマンズ」というやつを。

今回たまたま、出発前夜にしてその曲の存在を思い出し、
MDにも入れなおして聴いてみたんですけど、これがハマリました(笑)。
二番煎じなのに(笑)、現地であらためて聴いてみるとジーンとくるものがあるんですよ。
そして、その曲の歌詞の中にあった印象的なフレーズが、
「ヒマラヤが君の瞳に揺れる」だったんですけど、
僕は都合よく(?)聞き違えていて、
それが、「ヒマラヤが君の瞳に映る」だったわけです。

そんなパクリから生まれた副題ではありますが、
僕のネパールの印象そのものが、ヒマラヤを映す瞳だったような気がしてならないんです。
例えば、外国人が「富士山=日本」と感じることと同じように、
「ヒマラヤ=ネパール」であり、人々の象徴として瞳(心の中)に映っていると思うんですよね。
たぶんそれは、UPする写真全体から感じ取っていただけると思います。

---------------------------------------------------------------------

まずは、1,2日目のパタンからダルバール広場周辺をメインとした、
「美の都 -Lalitpur-」をUPしました。

このパタンは2部構成にする予定で、
次回UP予定は路地と、そこで楽しむ人たちをメインに集めたもの。

まだまだ全編UPとまではいきませんが、
ポカラ編はレイクサイドを中心とした1部構成、
カトマンズ編はカトマンズ盆地郊外を中心とした風光明媚なものと、
タメル地区を中心としたカトマンズの雑踏、人々などの2部構成にするつもりです。

写真への感想、意見などもぜひぜひ、寄せてください!
PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字