忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2015.12.08,Tue

an old woman in downtown Hanoi / Hanoi, VIETNAM


歩き始めると間もなく、薄闇が街を覆って来た。
11月初頭、この街の夕暮れは早い。



hold on baby / Hanoi, VIETNAM



alley / Hanoi, VIETNAM


道端に佇む老婆、無表情に抱かれた赤ん坊、薄暗い路地。
どこかこの街の印象は哀愁を帯びたものがある。
同じ東南アジアの首都でもバンコクのような明るさはなく、同じベトナムでも南部の大都市ホーチミンのような活気でもない。
地理的に中国に近いからなのか、東南アジアの陽気さよりは東アジアの昔を連想させるような落ち着きがあった。



a family in front of their restaurant / Hanoi, VIETNAM



rail crossing / Hanoi, VIETNAM


それでも人目をはばからない愛くるしさは東南アジアの「それ」である。
冷たさよりは温かさ。
ハート・ウォーミングなアジアの魅力はここにもあった。



rail road / Hanoi, VIETNAM



bye / Hanoi, VIETNAM


気がつけば、街に明かりが灯っていた。
手動式の踏み切りに驚き、線路際に密集する家々に生活への強い執着があった。
ほんのちょっと歩いただけ。
それでもハノイの印象は面白く、それはまるで美味しいデザートを一口食べただけ。
もっと続けて食べたいけれどそこでテーブルから下げられてしまったようなもの。
しかし、幸いにしてこのお店は近い!

例えるならハノイはそんな街だった。


PR
Posted by sammy - 2015.11.26,Thu

beach time / Phu Quoc, VIETNAM


ここのところバタバタと仕事が忙しく、まだ師走を迎える前だというのにお疲れモード全開です。
こんな時、ふと思い浮かべるのは真逆の生活。
ドラえもんのドコデモドアがあったら間違いなく、ビーチでの寛ぎの時間へ向かうと思います。
そう言えばこんな話。旅を始めた初期の頃、タイ・チェンマイの山奥で過ごしたトレッキング・ツアーの晩に皆でしたような記憶が…。

とにかく今、逃避願望も全開!
わずか一月前ながら、ベトナム・フーコックで過ごした長閑な時間を思い羨むばかりです。



relax on the beach / Phu Quoc, VIETNAM


Posted by sammy - 2015.11.23,Mon

a woman of hanoi / Hanoi, VIETNAM


行っていそうで行っていなかった街。
それがベトナムの首都ハノイで11月1日午後、トランジットでの1night stayで初めて降り立った。



from alley / Hanoi, VIETNAM


宿探しは「どうせ1泊、寝るだけだから」現地についてから適当にどこかしらの宿へ飛びこみでもよかったけれど、探す時間ももったいなかったから、ネットで「ベトナム ハノイ 日本人宿」で検索した「EAZY STAY ハノイ」へ直前に予約を入れておいた。
急遽決めたベトナム旅行、初ハノイ、滞在時間半日。
だったら日本語が通じる宿の方が身勝手がいい。

空港から宿までは運良くフーコックからのフライトで隣り合わせたベトナム人夫婦が車で送ってくれた。
宿がある場所はハノイ駅至近の路地奥。
下町情緒あふれるエリアで、路地を出て広がるハノイの街はまるで、レトロな映画の世界へと入りこんだかのような錯覚を覚えた。



flag in the alley / Hanoi, VIETNAM



bag shop / Hanoi, VIETNAM



on the street / Hanoi, VIETNAM



old house / Hanoi, VIETNAM



talking woman / Hanoi, VIETNAM


家々の軒先に掲揚されている赤いベトナム国旗。
個人商店が建ち並ぶ街。
バイクが次々に行き交う路上。
古い街並み。
人々が見せる恥ずかしげな笑顔。

宿へチェックインして街を歩き始めたのがすでに夕方4時近くで、加えて天気は曇り空。
気温も思ったより低く、真夏の格好で降り立ったもののすぐさまジャケットを羽織り、季節は確実に夏を通り過ぎていた。
日曜日の夕方なのに、どこか暗さを感じる街。

それが初めて降り立ったハノイの印象だった。