忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by - 2017.11.21,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by sammy - 2016.08.01,Mon

african children / Zanzibar, TANZANIA


8月です。
ブログの更新も滞っていましたけど、先月は家庭の事情がありテンヤワンヤの1か月でした。その状態は今なお続いていますが...。

そんな混乱(?)状態の中、7月1日から地元静岡にあるしずぎんさんのミニギャラリーをお借りして常設写真展も始まりました。
初日の展示に自らが行くことができず、近所の方に急遽お願いするドタバタから始まりましたけど、毎月ごとに作品を替えて各月20点を展示しています。
今は7月のキューバ編が終わりアフリカ編を展示中。
総タイトルは「熱風」と名付け、9月のインド編をもって終了します。

これとは別に9月1~4日に静岡市民ギャラリーをお借りして自ら常時在廊の写真展「カンボジア・光りの中の子どもたち」も開催します。

そんなこんなで「忙しい、時間がない」を口癖のように連呼する夏を送っています。
昨晩は地元のコミュニティーFMから写真展に絡んだ出演オファーをいただきましたけど、何分にも落ち着かない状態ゆえに返事は保留。当分は難しいですね...。

みなさんは暑い夏、大いに楽しんでください!!!


PR
Posted by sammy - 2014.09.15,Mon

少年の瞳 / Habana, CUBA


写真展最終日は入場者数108名。
ただし、最後の方はゴチャゴチャして正確に数え切れていないので不正確な数ですが、最後の連休3日間は平均100名を超えられ、総入場者数も当初目標の300名をゆうに超えて386名に達しられたことから、満足のゆくものになることができました。
ご来場くださった方々、協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

プロでもなく素人に過ぎない自分の作品展ですから、反応やら反響といったものが楽しみでもあり怖かったのですが、みなさまからの声をいただいて気づいたことは、人を喜ばせるのも人だということです。
自分は旅を楽しみたくキューバへ行き、そこでキューバの人たちが楽しむ姿を写真に収めて自分が喜び、その写真を見ていただいて、今度は見ていただいた方々が喜ぶ。
こうして繋がる人間同士の喜びが写真展だったことに開催した意義を強く感じました。

明後日からは仕事も始まり、展示した写真の後片付けもしていなければ、それらをどうするのかさえ未定であります。
まずは「終えた」という今の段階ではありますが、心の中に「満足」を感じられることに感謝しております。
後日談等もおって更新してゆくつもりです。
重ね重ねになりますが、本当にありがとうございました。


Posted by sammy - 2014.09.14,Sun

ガルシア・ロルカ劇場前をゆくアメ車 / Habana, CUBA


写真展3日目は入場者数124名。
3連休中日だった今日は午前中に客足が途絶える時間帯があったものの午後はそれなりに盛況で、特に午後3時台は知り合い関係などが重なるように来られた時間帯もあり、昨日とは違って年齢層の偏りも少なくメリハリを感じた1日でした。
連休中ということもあり、偶然にも静岡まで遊びにいらして立ち寄ってくださった方々や、昨秋のキューバ繋がりで関東から来てくださった方、3月まで勤務していた職場の方々など、感謝感謝です。
明日は早くも最終日です。
午後4時までやっていますのでぜひ、ご来場をお待ちいたしております!