忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by - 2018.07.24,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by sammy - 2018.02.05,Mon

children in village / Siem Reap, CAMBODIA


観光都市と化したシェムリアップも、ちょっとした雑踏で賑わう街を離れ、郊外の農村地帯へと足を踏み入れると、そこには広大な空と大地の景色がある。

日が傾きかけた夕方4時過ぎ、僕はバイタク・ドライバーのあてもない運転にまかせ、なにを求めるのでもなく、ただただ身を任せるかのようにこの広大なる農村地帯を走っていた。
気が向けば「ストップ!」のかけ声でバイクを止めてもらい、感じる興味にカメラのレンズを向け、写真に収める。



football / Siem Reap, CAMBODIA



landscape / Siem Reap, CAMBODIA



a boy & a dog / Siem Reap, CAMBODIA



evening scene / Siem Reap, CAMBODIA


野原でボールを蹴る、村の青年たち。
大地で穂を刈る若い親子。
家路へと帰る牛引きの女。

やがて日も沈みかけようとしていた。
1日も終わる。


PR
Posted by sammy - 2018.01.29,Mon

a boat / Siem Reap, CAMBODIA


小さな小舟に乗っているのは母と子どもふたり、内ひとりは乳飲み子。
母が漕ぐ小舟の向かう先は大海原ではなく、太湖トンレサップの中へ中へ。

Their Life on the water...


Posted by sammy - 2018.01.26,Fri

brother / Siem Reap, CAMBODIA


南国の朝は穏やか。
差しこむ太陽の光は、唸るように照りつける日中の強さに比べれば幾分優しいからかもしれない。



a baby take shower / Siem Reap, CAMBODIA



washing old woman in outside / Siem Reap, CAMBODIA


旅に出ても早起きが苦手な僕は、いつもならまだベッドの上かもしれない。
短い滞在なのに昨日までは中々晴れ間に恵まれず、最終日のこの日は「朝7時出発」で一発奮起(?)して近場の村をまわってみた。

村の生活時間は街のそれと比べるとすべてが早い。
日が昇れば活動が始まり、朝7時台などという時間はすでに寛いでいるような時間帯だった。



a woman / Siem Reap, CAMBODIA



village road / Siem Reap, CAMBODIA



children / Siem Reap, CAMBODIA


淡い朝の光が差しこむ村の朝は美しい。
朽ちた家々も、素のままの生活も。



friend / Siem Reap, CAMBODIA


この朝を迎えたのは、ちょうど1年前だった。
毎年のように寒波に襲われるこの時期になると、南国の暑さが恋しくなる。
今年も真冬の夏休みはカンボジアに決めている。
順調であれば、夏はもうすぐそこ。
人々の優しい笑顔に出会える旅に出るつもりだ。