忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2008.02.14,Thu


そもそも今回のラオス旅。
短い日程の中で、それとなくリゾート感覚も満喫したかったことから宿は全て、
通常のGHよりは高級感があって清潔な小洒落たGHやミニ・ホテルを選択。

ビエンチャン最初の2泊は初日が夜9時過ぎの到着と言うこともあって、
ネットで事前予約が可能で尚且つ、空港無料送迎だったことから選んだのがラニ・ゲストハウス。

名前にGHの称号こそ付くもののバックパッカー向けの安宿とは一線を画した、
フランス風の一軒家を改造したアンティック・ムード満点のプチ・リッチなGHで、
シングル1泊$25(+10%tax)の値段からして宿泊者は欧米人リタイア組や、
やや余裕のありそうなバックパッカー・カップルらが中心。

P1000207ls.JPG

建物自体が古いので部屋の中もそれ相応ながら、
織物を飾った内装などはちょっとしたリゾート気分も味わえるし、センスの良さも存分に感じられます。
加えて、奥まった静かなところにあるので、
バルコニーや中庭では鳥のさえずりが絶えず聴こえて居心地はバツグン。
ただ、どうなんだろう?
これで税込み$27.5ってのは?
シャワー・洗面所は完全に安宿レベルだったし、部屋も狭いし…。

ところが、チェックアウトされて空いていた部屋をこそっと拝見してみると、
値段もさして変わらないダブル以上の部屋は、
高級ホテルさながらのスウィート・ルームのように中も広くてビックリ!
シャワー・洗面所も僕の泊まっていたシングルとは比べものにならないほど広くてしかも、バスタブ付き。
この部屋を見る限り、欧米人らに根強い人気があるというフレコミも分かる気がします。
それはまさに、アジアン・リゾートの隠れ家かも?

http://www.laniguesthouse.com/
PR
Comments
>あら?あら??
かわいい宿に泊まったんですね!

奮発旅行でしたからね(笑)。

かつては自分も安さが魅力のGHなどに価値観を高く感じていましたけれど昨今は、むしろそういった安宿よりは日本円にして僅かな(かな?)金額を足すだけでちょっとした贅沢気分を味わえるプチ・リッチな宿に惹かれるようになりました。
と言うか、せっかくの休日をそのようなところで過ごした方が得した気分になりませんか?
ここだって、日本のカプセルホテルよりは安いですし。

さすがに、ひとりで高級ホテルに泊まれるような余裕もなければ、その勇気もないですけど(笑)、ちょっとしたリゾート気分くらいは味わいたいと言うことで、その後の旅も分相応な贅沢してきましたよ(笑)。

また、紹介しますね。
Posted by サミー - URL 2008.02.15,Fri 11:06:07 / Edit
あら?あら??
かわいい宿に泊まったんですね!

プチホテルって大型の高級ホテルより好きです(高級ホテル自体あまり泊まった事ないけど・・)。昔の建物だとなお魅力がありますよね。

次回はじゃあダブルの部屋を指定して泊まってみるのもいいかもしれませんねー。
Posted by waky - URL 2008.02.15,Fri 09:52:31 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字