忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2013.02.22,Fri
 
粉倉庫の男 / Cochin, INDIA


滞在していた宿のあるフォート・コーチン地区はツーリスティックで、洒落たカフェやレストラン、小奇麗な宿も建ち並び、確かにそれらは居心地の良さを感じさせてくれたが何かが物足りない。しかも、ここはあのインドである。
自分の中にも何か満ち足りない気持ちが充満し、求めたい気持ちを持って向かった先がマッタンチェリー地区だった。
前回紹介したように、もちろんここも自らが思い描く混沌としたインドの印象にはほど遠いものの、ここには穏やかさと背中合わせの活気もあった。
港湾地区だけあり、海運などの輸送に携わる男たちが重い荷物を担ぎ、暑い日差しを存分に浴びながら汗水をたらし、不条理な運搬作業に明け暮れている。
やはり、人を町を漲らせるのは働くエネルギーである。
そんな姿が町の印象と重なると、不思議とその町が好きになれる。



woker / Cochin, INDIA



荷台の男たち / Cochin, INDIA

PR
Comments
>g00dayさん

インド=喧騒=カオス。
これが紛れもない僕のインド感ですが、都市部を離れた南の地方では、これが当てはまらないことがよ~く分かりました。
よく、インドへ行くと人生観が代わると言いますが、南へ行くとインド感が変わりますよ(笑)。
Posted by サミー - URL 2013.02.27,Wed 12:55:38 / Edit
やっぱり、インドに来たからには、喧噪の中に放り込まれないと、来た気がしないのでしょうか(笑
私が旅行したところは、インドの喧噪の模範のようなところばかりだったので、
少しは静かに旅行させてくれ!と草臥れてしまいましたが・・・
Posted by g00day - URL 2013.02.25,Mon 09:06:27 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字