忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2012.06.05,Tue

go tuk tuk in squall / Luang Phabang, LAOS


ちょうど1年前、バンコク2日+ルアンパバーン4日の旅をしていました。
季節は雨季。
バンコクでもルアンパバーンでも雨が降ったり止んだり、たまに日差しが覗いても直後にはスコールの激しい雨に見舞われる。滞在のほとんどが停滞せざるを得ないそんな旅。何をするわけでもなく、何をする気も起きない。
ちょうどその頃、その2ヶ月前にあった職場の異動で慣れない仕事と雰囲気と、さらには毎日のように強いられる残業に四苦八苦していた自分は、気分転換のつもりで出掛けたアジアの地でも気持ちが晴れることも無く、旅先の天気同様にどんよりと落ち込んでしまう始末だったことを覚えています。


IMG_4983.JPG
flower&raindrop / Luang Phabang, LAOS


あれから1年。
慣れなかった職場にはそれなりに慣れてはきたものの、仕事は好きかと問われればもちろん「No」。
では、ずっと旅に出ていたいかと問われても「No」。
この自問自答は何をするわけでもなかったルアンパバーンの雨降りの中、ずっと問いかけ、そして出た結論は、働いているからこそ旅にも出れて、旅に出られるから働く。

6月は旅の季節。
今年もどこかへ旅に出ます。


IMG_5033.JPG
Mekong River / Luang Phabang, LAOS

PR
Comments
>mikiさん

自分は現実逃避してばかりですけど(笑)、逃避し続けられない現実があってこそなので、このバランスを保てるうちは保ちたいのが希望です。

今月は職場の夏期休暇が混み合わない時期なので比較的、まとまって休みを取りやすいこともあり、「少し遠出」の旅プランを立てています。
行き場所は自分にとっては意外なところでもあり、一般的に見れば妥当(?)な行き先のような??

たぶん、当たらないような行き先ですが当ててみてください!
Posted by サミー - URL 2012.06.06,Wed 22:22:27 / Edit
そろそろどこかに旅に出られるのでしょうか?
今度はどちらへ・・・?

私もサミーさんと同様の気持ちで何度となく
同じことを考えてます・・・。
でも、いつか来る旅立ちの日のわくわく感は働いてるからこそ味わえるものなんですよね、きっと。

私も次の旅立ちを夢見ながら、現実世界をなんとか
切り抜けてます(笑)
Posted by miki - URL 2012.06.05,Tue 22:44:16 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字