忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2012.05.16,Wed

井戸で水浴び / Siem Reap, CAMBODIA


かねてから写真展をやってみたい願望みたいなものはありました。
それなりの作品は整えられるだろうという自負はあったし、その自負がいかがなものか直に試してみたい気持ちが大きな動機で、できることならば一番思い入れのあるテーマに基づいたもので構成したい希望がありました。
ただ、やるとなると場所の選択もそうですが、何よりもネックとなるのが開催期間であって、職を持つ身とあっては1週間の開催で休暇をまとまって取得して開催中の管理をするとなると単純に1回分の旅を捨てなければならない。
写真展開催と旅に出れることを天秤にかけると、僕としては旅に出たかった。
それが写真展開催を躊躇した最大の理由であったわけですが、今回お借りする市民ギャラリーは既に会場の抽選を終えた6ヶ月以内であれば空いている展示室は好きな期間だけ借りられる。
もちろん有料であって、特に夏場の時期は室料に冷房代が加算されるから通常の時期に比べて割高にはなるものの逆に、空いている日が多かった。
それが、夏休み最後の週末4日間だけの開催へと繋がったわけです。

自分の中では冒頭で述べたように思い入れのあるテーマで構成したかったから、カンボジアの写真のみでやり、写真展自体のテーマも「原色のカンボジア」と題したのは即決でした。
「原色」という言葉は混じりけが無い意味ではありますが、強い色を指す意味でもあります。
今回の写真展はまさに、その強い色を印象付けるカンボジアの魅力そのものであり、僕自身が求めるものも、どこまでそんなカンボジアの魅力を感じてもらえるかにあります。

開催まで3ヶ月ちょっと。
現在は作品の選択候補から実際に展示する写真の選択作業へと入っています。日進月歩の進捗状況ではありますけれど(笑)。

開催へ至るまでの奮闘記(?)なるものはこちらでも載せていきます。
みなさんから何か求める提案などがありましたらぜひ、こちらまで寄せてください!


PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字