忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2010.09.03,Fri
IMG_1778c.JPG
Erawan Phum, Bangkok, THAILAND


傷跡は残っていた。
3月半ばからバンコク中心部を舞台にして始まったタクシン派による反政府運動は抗議デモから拡大し、中心部の幹線道路に座り込んでの占拠行動や軍や警察隊との血を見る闘争、そして最後は大型ショッピング・センターを燃やし、一時的な終焉を迎えた。

あれから3ヶ月。
今のバンコク市内は至って穏やかで、騒動に端を発する前に訪れたバンコクと何ら変わりはない。
占拠行動が続いた交差点にあるエラワン・プームでは人々が祈りをささげ、周囲のショッピング・センターは買い物客らでにぎわっているが、最後まで抵抗を続けた強硬派らによって放火をされたセントラル・ワールドのZENだけは痛々しい姿を見せていた。

現場では今、急ピッチでの復興作業が行われており、その痛々しい姿を隠すかのように立てられた大型看板には市民感情に訴えるかのように「LOVING THAILAND」や「WE CAN TOGETHER」などのメッセージが鼓舞している。


IMG_1768c.JPGIMG_1769c.JPG

























ZEN&Ratchadamri Rd., Bangkok, THAILAND


IMG_1773c.JPG
ZEN, Bangkok, THAILAND


しかし、傷跡はここだけにとどまらず、旅人である僕の心にも影を落とした。
その前夜、行きつけだったスクンビット・ソイ33 1/2にある中華料理店「珉珉」は土曜の夜にもかかわらずシャッターが閉まっていた。
その晩は「ELECTION DAY」と言ってアルコールご法度の夜だったから、それで閉めているのかと思ってこの夜、もう一度訪れてみるとシャッターが開いていたものの店内は既に撤去された状態で土のうが積まれていた。
思えば3月半ばに抗議デモが拡大し、この「珉珉」のある界隈にも反政府部隊が大挙して押し寄せ、店先からの中継映像が日本のテレビ・ニュースでも流れて心配したが、どうやら店はその後、閉店に追いやられてしまったみたいだ。


P1010449c.JPG
Min Min, Sukhumvit Rd., soi33 1/2, Bangkok, THAILAND


ふとしたことから入り込んだお店でオーナーの上田さんは決して「柄」の良い人でもなかったけれど話好きで、話し出したら止まらない上田さんを慕うお客は多く、僕も毎度のバンコクではいつも「珉珉」に顔を出していた。
お客さんの8割方が常連客と言うだけあって、店内はいつもそんな日本人客らで時にはにぎわい(そして、時には閑散とし…笑)、タイやバンコクにまつわるいろんな話をここで聞かせてもらった。
昨秋あたりは「もう閉めようか?」と思った店の景気も2月に訪れた際には持ち直したと言っていたが、度重なる騒動や不景気の追い討ちにやってられなくなったんだろう。

あのバレンタイン・デーの夜、店を出る際に「今年はこれが最初で最後のバンコクかもよ」と言う僕に、「おいおい、今年はまだ始まったばかりだぞ!」と笑ったおっちゃんの言葉が最後となってしまった。

騒動の結末は僕に、バンコクでの憩の場も失わせてしまった。


---------------------------

参考:2010年3月17日「抗議デモ拡大に不安を寄せて」
PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字