忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2008.11.12,Wed
P1010164a.JPG

昨日の昼過ぎ、バンコクから列車でチェンマイへ到着しました。
チェンマイは来るのは2度目ですが、実に10年9ヶ月ぶりです!
そうなるともう、前回の記憶なんてアテにできないどころか、
ほとんど覚えていないんですよね~、さびしいことに(笑)。
だから、感覚としては「初めて来る街」に限りなく近いです。

滞在は昨日から明後日までの3泊4日。
目的は2年前にスコータイで体験したロイクラトンの再現で、
ここチェンマイはスコータイに並んでお祭りの盛り上がりがあると言われています。

宿泊先ですが、
すっかり様変わりしたチェンマイを代表するように、
ターペー門に程近い路地(ソイ)を入った先にある小洒落たGH、
「MICASA Guest House」に泊まっています。

P1010190a.JPG

ご覧のように小さきながらもどこか洗練とされたセンスのよさを感じるような、
ブティックタイプのゲストハウスで、
建物自体は古い家屋の改造型なのですが、
所々のデザインがさりげなく古さにマッチしている素敵なGHです。
部屋にはNHKも入るテレビもあれば冷蔵庫もある、
バスルームにはバスタオルもシャンプーも石鹸も配備されて、
それでいて1泊600bはGHの乱立するチェンマイならではのお得なお値段なのかも。
とにかく、ソイの入り口のあちこちには、
このような小洒落たGHの案内看板が目立ちます。
このあたりはやはり、このタイプが好きなファラン(白人)を意識した、
ここ最近の流れかもしれないですね。

P1010176a.JPG

昨晩はさっそく、ロイクラトンの華やかなパレードも観ました。
さすがは「美女の産地」とまで言われるチェンマイだけあって、
パレードも広場のあちこちも写真のような綺麗な民族衣装を身に纏ったチェンマイ美女らでいっぱい!
「それが目的?」ではないにしても(??)やはり、
美女たちには目を奪われてしまいますね、悲しい性で(笑)。

タイを代表するお祭りには4月のソンクラーンもありますが、
あちらが騒ぎ放題やり放題でお構いなしのイケイケ祭りならば、
こちらは至って厳かで美しいお祭り。
そして、乾季に入って最初の満月の晩にあたる今晩は無数の灯篭が川に流され、
コムロイという小さな熱気球も無数に夜空へと放たれます。

昨日ふと思ったのですが、
2年前のスコータイはパレードなどは明るい昼間の時間帯にあったのですが、
ここチェンマイはイベント自体が日没後に集中しています。
これはやはり、一大観光地であるゆえに1日ツアーなどを主催するツアー会社が数多くあり、
昼間の開催は「営業妨害」になってしまうためなんじゃないかなと。

とにかく、そんなかんなで昼間はゆっくりと、
そして夜は美しく楽しめるのがお祭り中のチェンマイです。
PR
Comments
いやぁ、もう、お祭りのメインどころは美女ばかりですよ(笑)。

>真ん中の女性の衣装がきてみたい。

きっと、お似合いになると思いますよ。
その前に、ネパールの民族衣装姿のさきぞうさんご夫婦のお写真も拝見してみたいものです!
Posted by サミー - 2008.11.13,Thu 12:19:07 / Edit
チェンマイのお祭って楽しそうですね。
女性も本当に美人。
真ん中の女性の衣装がきてみたい。
いつか行ってみたいです。
Posted by さきぞう - 2008.11.12,Wed 17:01:18 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字