忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2019.06.24,Mon

a car on the street / Havana, CUBA


6年ぶりのハバナ。
その感慨に浸ったのは出発前で、現地に到着するとそこはやはり、そこはいつもと同じキューバ。
味気も素っ気もない、けれどどこかそれが独特で心に染みこんでくるような感情を受けました。
パッと見、変わっていないキューバですがそれは古いままの街並み、軒先で佇む習慣こそ以前そのままでありながら人々の手のひらにはスマホ、目線もスマホ、道行く異邦人に向ける興味も減り、写真を撮られることを拒む人たちも急増していました。
かつてのような、どこからでもウェルカムな雰囲気はなく、それを体感していた僕からすればチグハグした気持ちが抜けきらないまま滞在の3日間が過ぎていった感じです。

このキューバでも7月半ばからは個人向けにWiFiが開始されるにも関わらず、国交回復までいったもののアメリカとの溝はその後も埋まらず新たな経済制裁も始まります。
人々の心は政治に左右されることなく変化している。
それが2019年に感じたキューバの大きな印象です。


PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字