忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2015.02.07,Sat

sunbathing / Koh Rong, CAMBODIA


寒~い日本を脱出し、タイ湾に浮かぶカンボジアの秘境ロン島とシェムリアップへ行ってきました。
およそ1週間の旅の前半はロン島。
羽田からの深夜便でバンコクを経由しプノンペンまで。
プノンペンからはバスで約5時間、カンボジア随一のビーチ・タウン、シアヌークビルで1泊をし、翌朝一番のフェリーで島へ。



beach / Koh Rong, CAMBODIA


ロン島が脚光を浴びだしたのはここ数年の話らしく、何もない島の魅力と海の美しさに欧米人たちが目を付け、バンガローやゲストハウスが立ち並ぶようになったらしい。
至れり尽くせりのある昨今のアジアン・リゾートと違って、全てが手作りの簡易宿泊施設のみといったところがロン島であり、ゲストハウスならばドミで$10くらいから、バンガローならば$30くらいからあるが、値段の違いはロケーションの違いくらいで、どの施設も設備は水シャワーのみの最低限のもののみ。
僕が泊まったバンガローも到着後に決めたもので、1泊$40もしたビーチ・フロントのバンガロー。
テレビも冷蔵庫もなければ、水洗トイレは溜め水を自ら流す手動式(笑)。
部屋にあるものは蚊帳付きのベッドのみ。
どの宿泊施設も電気が使えるのは夕方6時から12時くらいまでで、何もないこの島でやることと言えば、本を読むか美しい海を見ているかの二者択一くらい。



beach life / Koh Rong, CAMBODIA



sleeping together / Koh Rong, CAMBODIA



clear / Koh Rong, CAMBODIA


まさしく、スロー・ライフを送るにはもってこいの島がここであり、日常とは大きくかけ離れたパラダイスを求め、僕も2日間、この何もない島で何もしない時間を過ごしました。
不覚にも、カンボジア到着初夜にひいてしまった風邪の影響で島での2日間はノンビリせざるを得ない状態でもありましたが、道路も車もない砂浜と山だけの島。
24時間絶えず聴こえる波の音をBGMに、スロー・ライフを満喫させてもらいました。
また、ボチボチと更新を!





PR
Comments
>g00dayさん

どうしても限られた休みを最大限に活かそうとしてしまうので、今回はそれでも足早な旅だった感は否めません。本当は、もっともっとマッタリできていれば確かに、贅沢だった気はしますね。
毎度のように同じ反省です(笑)。
Posted by サミー - URL 2015.02.09,Mon 11:10:36 / Edit
ずっと寒い所にいて、急に暖かいところに行くと、あぁ、こんなに体が楽なんだ、と感じます(笑

海外に行って、綺麗なところで何もせずにゆっくりと過ごすのは最高の贅沢だと思っています。
日本人はあれもこれもと行きたがりますが(僕もそうですけど^^;)、
欧米人は旅行での時間の使い方がうまいなぁと感心します。
Posted by g00day - URL 2015.02.08,Sun 19:41:09 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字