忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2014.07.26,Sat

a boy / Zanzibar, TANZANIA


ストーンタウン到着当日夜の路地歩きは少々の不安と恐怖(?)がつきまとったが、日中の路地は生活臭の漂いがこの上なく旅人への刺激を与えてくれる。
治安の悪さを感じるような見られている怖さはなく、人々は至ってフレンドリー。それでいて、そっとしていてくれる。



a man / Zanzibar, TANZANIA



a woman walking in the alley / Zanzibar, TANZANIA


旅に出る前、「タンザニア、黒人、アフリカ」から連想するイメージには自分自身、「ひく思い」があった。
しかし、ここは世界遺産の街、観光の街でもある。過剰な意識など要せず、古びた路地とそこに佇む人たちとのマッチングが新たな新鮮を呼び込む。



street vendors / Zanzibar, TANZANIA



a cat sleeping on the street / Zanzibar, TANZANIA


旅に出て、新たな土地へ足を踏み入れると、緊張と期待感の膨らみが「慣れる」ことによって徐々にほぐれ、次第に街が持つ魅力に包まれてゆくことがある。
このストーンタウンもまさしく、そうだった。
古きよきアラブの街並みに黒人を中心とした多彩な人種。
そしてここは、インド洋の果てにあるアフリカ、タンザニアである。
自分自身が辿り着いた30番目の国でもあった。


PR
Comments
>g00dayさん

黒人ばかりの環境に身を置いたらとか、アフリカに関しては怖い危ないイメージを持っていましたが、意外とスンナリ入っていけました。
4番目の写真もそうですが、ストーンタウンの路地はどこか落ち着いた魅力があります。
うるさく感じなかったことがスンナリ入っていけた要因だったかもしれないですね。
Posted by サミー - URL 2014.07.31,Thu 20:02:40 / Edit
黒人の方は私たちにとってあまり身近でなく見た目がイカツイので、つい構えてしまったりするのですが、
アフリカで触れ合った方々は控えめだったり親切だったり気さくだったりして、
それが私が旅行した時の大きな印象になっています。

上から4番目の作品が個人的にとてもいいなと感じました。
Posted by g00day - URL 2014.07.27,Sun 22:37:39 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字