忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2013.06.18,Tue

looking from the fence / Jaisalmer, INDIA


旅から帰った6月8日、キャノンからトラベルブック・コンテスト受賞の記念品としてキャノン・パワーショットS110&本革ケース等が届いていました。
南インドを題材にした受賞ブック「南の国の小さな村」は6,7月の間、東京・銀座と大阪・梅田にあるキャノン・ショールームにて展示、閲覧が出来るそうです。
お近くにお住まいの方はぜひ、お出かけついでに立ち寄ってみてください!
http://wpb.imagegateway.net/hontono/

フォトブックに掲載した写真はflickerにて久々(?)のUPをしてみました。
こちらはキャノンのギャラリー・サイトよりも大きめのサイズで見れるのが利点。ボツにした写真数点も加えてあるので全42枚での構成です。
http://www.flickr.com/photos/samayoinohoshi/sets/72157634190145660/

いただいたカメラ、S110は行きつけのカメラ屋さんで訊いたら、コンパクト・カメラの中でも上級機種に存在するプレミアム・コンパクトに位置づけられる機種だということ。ケース込みの価格は38,000円ほどだそうで、これは思わぬ収穫(?)でした。
実は今回のインドでもまたまた、旅先3日目に持参のデジイチの不具合が発生しておりまして、正確に言えば使用しているキャノン純正の24-110mmの内部故障。
幸いにして広角24mmではシャッターが切れたものの、それ以上の画角ではシャッターを切るとエラー表示が出て撮影不可。
こういった突然の不具合がこうも起こると(僕はこれが2度目で2度ともインドという因縁?)、サブでRAW撮影も出来るコンパクトの上級機種はバックアップとして必要だったのかもしれません。
今後は旅先でも肩の荷を軽くしたい街歩きの時などに、いただいたこのS110は活用したいです。



woman / Jaisalmer, INDIA


そんなこんなで今回のインド旅に関しては24mmか望遠ズームかの選択で3日目以降撮影しておりますので、おのずと24mmへの依存度が高くなっております。
インドのガキンチョに近づいてシャッター切ろうと思ったら、「コン、コン」とレンズを突付かれたことも度々!
それはそれでフレンドリーな旅の演出に一役買ってくれたのかもしれないですが、画角の広さに僕の苦労(?)を感じ取ってください(笑)。

PR
Comments
>Meet Youさん

フォトブックの展示コーナーにあるかと思います。自分自身はその展示中に足を運べるか分からないので、行かれるのであればお話をまた、こちらまで寄せていただければありがたいです。

24mmは撮りやすい反面、ついつい使いすぎてしまうので普段は意図的にズームを引き気味に使っていますが、24mmオンリーでもさして問題はなかったのが結果論ですね。
Posted by サミー - URL 2013.06.24,Mon 19:53:01 / Edit
近々、サービスセンターに清掃に出すので、その時に探してみます。
あはは、24mmだとレンズ触られますよね(笑)
私は24mmの単焦点で撮ってるので、触られまくりです。
慣れない画角って大変そうですけど、引き気味の写真もいいですね!
Posted by Meet You - URL 2013.06.24,Mon 11:07:11 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字