忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2013.04.27,Sat

morning glory / Siem Reap, CAMBODIA


カンボジアで迎えた最初の朝、最初に撮った1枚。
迎えてくれたのはいつものように、カンボジアの人たちの屈託のない明るい笑顔だった。

この旅、カンボジアでの時間はわずか2日間だけだったけれど、自分の中では「撮れるかなぁ?」といった不安みたいなものが過ぎっていて、それはきっと去年初開催した写真展「原色のカンボジア」での満足感から来ていることは明らかで、一種の燃え尽き症候群でもあったわけです。
それに加え、今回はいつも相棒として共に村を周ってくれているバイタク運転手のサンくんの都合も合わず、急遽現地知人を介して紹介いただいた相棒は日本語を猛勉強中の高校3年生オリオンくん。
もちろん、バイタクの経験もなければ村めぐりの経験もナシ。
あえて言えば、リセットしてスタートしたかった僕には好都合でもあったわけですがやはり、不安じみたものはあったわけで、それを救ってくれたのが一番最初の1枚、このカットに写っている笑顔だったわけです。

ちょうどカンボジアは4月13日からお正月。
僕が到着した前夜15日はシェムリアップ市内も、プノンペンをはじめとしたカンボジア全土からの行楽客で道が混みあい、安宿であるGHまでもがどこも満室状態。
明けたこの16日朝、この写真のようにトラックの荷台に人々がギッシリと詰め乗り、故郷へと帰る姿を次々と見受けました。
カンボジアらしいほのぼのとした光景に、またこうしてやって来て出会える笑顔にホッとする。
いつものように、来てよかったと思えるところ、それがカンボジアです。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字