忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2011.08.06,Sat

Azel / Gili Air, INDONESIA

アゼル(5才)
島で唯一の小学校の横で母親が駄菓子屋を営んでいた。その横にある椰子の木林をバックにスマイル!


IMG_5450c.JPG
Herlina & Ragattika

ヘルリナ(左:4才) & ラガチカ(右:4才)
共に母親に連れられて船着場横の海で遊んでいた2人。美しい海をバックに笑顔のポーズを見せた。


IMG_5499c.JPG
Lao

レオ(10才)
小学校の一角で明るい笑顔を見せてくれたレオ。フレンドリーな接し方が印象的だった。


* * *

旅をしていて「つくづくいいなぁ」と思うことは一番に、子どもたちの笑顔や無邪気さだったりする。
最近は、そんな子どもたちの写真を撮った際に、「What's your name?」と名前を訊いたりする。
もちろん、写真を撮らせてもらうこと同様、名前を訊くにも微妙なタイミングがあったりするわけで、全ての子どもたちに名前を訊きながら撮っているわけではないが、名前を訊かれた子どもや親たちは一様にうれしい反応を見せてくれる。
世界中、どの子どもにも名前があり、その名前はその子どもにとっても親たちにとっても美しく響くものだからだ。

「Every Children has a Beatiful Name」

素晴らしい名前をいつまでも大切に!
PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字