忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2009.12.31,Thu
今年1年を振り返る2009年大晦日。

僕の中で幾回もの旅にも勝る最大かつ最高の感極まるシーンは、3月23日夜のドジャーススタジアムWBC決勝、延長10回表にイチローが決めた「伝説のセンター前ヒット」での決勝打であり、優勝を決めた瞬間でもある。
おそらく2009年のこのシーン、感激、感動は一生の中で忘れ得ぬ大きな思い出として後世まで刻まれ続けると思う。



WBC Champion, Team JAPAN


この試合。
僕は10年来の知人であり野球観戦仲間であるLA在住のKさんと一緒に観戦へ出かけた。
Kさんとは同い年、同郷のよしみもあり、今までにも何度となくドジャースタジアムでの観戦に行っているが、この日を迎えるにあたっては実に5年ぶりの再会でもあった。
残念ながら、いつも一緒に観戦に出かけていた奥さんは日本へ帰国中で不在だったが、当日券にも関わらず2階席の前方に近い$130のチケットを2枚ゲットし、球場へと入る。

2人の気合は満点だった。
普段はクールなKさんだが、この日は終始熱かった。
それもそのはずだ。
試合後の食事でKさんは僕に、「甲子園を思い出したよ」と語ってくれた。
地元では有名な甲子園常連校の野球部に在籍していたKさんは1年の時に、甲子園のスタンドで母校の応援をしている。
そんな熱き炎が甦ったのがこのドジャースタジアムでのWBC決勝でもあり、その熱き炎は僕にも引火し、いい年をした2人は3月の底冷えするスタンドで燃え上がった。

しかし、そんな熱き炎はスタンドの大勢を埋め尽くした韓国人らも同じだった。
9回裏、ダルビッシュが異様なまでのスタンドの雰囲気に飲み込まれ、よもやの同点打を浴びると、それはもう地鳴りでは済まないほどの大きな揺れがスタンド全体を襲った。
あのドジャースタジアムが本当に大きく揺れた現実に韓国の底力を思い知らされた。

そして迎えた10回表。
内川が打つ、岩村が打つ。
ここで出てきた川崎が無念の凡退に倒れる。

ダメかと思った…。

でも、ここで打席に向かうのは誰でもない、あのイチローだ。
2死1,3塁のこの場面で1塁ランナーの岩村が走る。もちろん、打者に集中している韓国バッテリーは無警戒でセーフになるが1塁ベースは空いてしまった。
僕もKさんもイチローが敬遠となるだろうこの盗塁を悔やんだ。

しかし…

マウンドのイム・チャンヨンはそれでもイチローへの勝負を挑んだ。
この大会、不振を極めたイチローは明らかに舐められていた。
この場面においても、打ち取られる確信の元、韓国バッテリーに勝負を挑まれたのである。

この挑戦に僕とKさんも燃えた。
これはもう、国と国との喧嘩だった。

そして…。
必死にファールでかわすイチローが仕留めた8球目のボールは、美しいまでに鋭い軌道を描いてセンター前へと運ばれる。
これが、日本野球史に後世まで残るだろう「伝説のセンター前ヒット」である。

この瞬間もう、声にならないくらい叫び、そして歓んだ。
気がつけば、僕もKさんも抱き合っていた。
重ね重ね言えば、いい年をした2人である(笑)。

その裏、ダルビッシュが先頭打者をフォアボールで出すも、後続の3人をピシャリと抑え、サムライ・ジャパンがWBC2連覇を達成した。


IMG_2420b.JPG


この試合、ドジャースタジアムへ詰めかけた観衆はWBC史上最高の54,846人。
その大半は青いサンダー・スティックを持った韓国人たちだったが、試合が終わり、興奮状態で気づかなかった僕がふと周囲を見渡すと、あれほどまでにスタンドを埋め尽くしていた韓国人らは潮が引いたかのように消え去り、代わってこれほどまでに観に来ていたのかと思えるほどの日本人たちの大喜びする姿が球場全体にあった。


P1010249b.JPG

IMG_2398b.JPG


試合後。
レフト後方にあるクラブ・ショップは優勝記念品を買い求める日本人で長蛇の列が出来、ドジャースタジアムを囲む広い駐車場へと続く夜道は、どこもかしこもパーティーのような騒ぎで盛り上がっていた。
その騒ぎはダウンタウンにあるリトル東京へと続き、ロサンゼルスにしては珍しい深夜まで飲食店の開いているこの界隈は、興奮冷めやらない日本人客らでどの店も満員で座ることも出来ず、僕とKさんがようやく夕食のテーブルにつけたのは深夜1時前、チャイナタウンのレストランだった。

* * *

みんなが燃えた2009年3月23日の夜。
あの感動、あの瞬間は一生語りつくしたい。
PR
Comments
>tk-cafeさん

今年のすべてが「あの場面」と言っても過言ではないほど、あの場、あの瞬間はサイコーでした!

来たるべき新しい年もまた、新たな感動に期待です。
Posted by サミー - URL 2009.12.31,Thu 23:55:32 / Edit
僕も今年のスポーツ界で言うとあの瞬間が最高でした。
イチローが打ったときは久しぶりにガッツポーズをしましたよw
嬉しくて涙が出そうでしたね。

よいお年をお迎え下さい☆
Posted by tk-cafe - URL 2009.12.31,Thu 09:53:10 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字