忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2009.07.31,Fri

静かなトリニダーの朝

キューバへ来て3日目、僕はハバナから古都トリニダーまでバスで向かった。

正確に言えばトリニダーへ行くのはこれが2度目になる。
初めてキューバを訪れた2001年、ハバナから1泊2日の現地ツアーで2時間ほど立ち寄ったことがある。
そのときの印象はパステルカラーの古い町並みが美しい、静かな佇まいの町だった。

今回はそんな町に自ら訪れ、時間に縛られずにゆっくりと町歩きを楽しみたかった。
だから、行きも帰りもVIAZUL社の長距離バスを使い、トリニダーへは夕方着いて2泊する予定を立てていた。

* * *

1日2便あるハバナ~トリニダー間のVIAZULバスはハバナ発が8時発の午前便と13時発の午後便とがあり、いずれも所要6時間ほどでトリニダーへ到着をする。

僕が利用したのは13時発の午後便。
出発前のバスターミナルで意外な出会いをした。

キューバでは中々出会うことの少ない日本人ツーリストと同じバスで向かうことになったまではよくあるパターンだが、この出会ったツーリスト、Kくんは驚くことに僕と同郷であるばかりか、現在はブラジル南部でお寺を営む僧侶でもあった。
もちろん、このキューバ旅行は仕事とは無関係の個人で来ているものだったが、途中経由したリマでは法事の仕事も済ませていると言うから、なんともインターナショナルなお坊さんである。

訊けばK君の実家は僕の家からは川を挟んだ向こう側にあり、年は僕よりも7つ下だったが職場の同僚関係の人間と旧知の部分もあり、話は自然とはずんだ。
これは帰国後に知った話だが、K君の実家は地元でも有名なお寺で、僕の親戚もそのお寺の檀家だった。世界は意外と狭いものである。

こんなK君と一緒になったトリニダーまでのバス移動だったが、話が弾む一方で軽いバス酔いをおぼえるほど、道はガタゴトとした悪路だった。
キューバの道はちゃんと舗装はされてはいるが、フラットなアスファルトは首都ハバナから延びる途中までの道だけで、それ以降は道幅も狭く、舗装はされているとは言え路面状態も悪いため、バスの後方に席を取った自分らには予想以上に堪える乗り心地となってしまった。

それでも定刻よりも早く、午後6時にはトリニダーへ到着をした。
と同時に、凄まじいまでのカサ・パティキュラル争奪戦がバスを降りると同時に始まる。

トリニダーはユネスコの世界遺産にも指定された歴史ある佇まいの古都だが、その中心部には大きなホテルなどは皆無に近く、こうして個人でやって来る観光客らは必然と政府認可で個人が経営する民家でもあるカサ・パティキュラルへ泊まることとなる。
僕もそのつもりでいたし、バス・ターミナル到着時の勧誘の話は聞いていた。が、想像以上だった。

次から次へと揉みくちゃにされながら、「さあ、決まった。荷物は持つわよ!」といった具合に強引に勧誘をされるのだ。
この勧誘の凄まじさは、ここがとても社会主義国キューバとは思えない争奪戦でもあった。

「これではとても選ぶどころではない…」。
するとK君が、「こちらのカサがベッドに空きがあるようです」と声をかけてきた。
K君はすでにハバナで泊まっていたカサの主人からトリニダーのカサの紹介を受けており、そのカサの主人であるアレックスが出迎えに来ていた。
その同じカサにどうやら泊まれるようである。
選ぶどころではない争奪戦に困惑していた僕は一つ返事で即決をして、K君と同じアレックスのカサへ向かうことにした。

IMG_2919.JPG
パステルカラーの家壁が美しい町並み

IMG_2858.JPG
石畳の道


そのアレックスのカサ、「Hoatal Alexis Beniteg Inchauapi」は静かな佇まいの歴史地区のほぼ中心に近い場所にあった。
到着が日が沈む前の夕方だったこともあり、周囲に建つパステル・カラーの家並みが強い西日を浴びて、ことのほか美しかった。

部屋はゆるやかな坂道に面した通りから直接入れる入り口があり、そこから中へと入ると空いていたのはこの部屋の2つのベッドだけのことで、もう1部屋ある部屋は既に埋まっていた。
要するにアレックスは初対面の日本人2人が同じ部屋に泊まると思って誘ったらしいが、僕もK君もお互いに短い旅の中、同室で過ごすのは窮屈でもあった。
加えて、周囲の家々はどこもカサを経営しているから宿勧誘の争奪戦を逃れた今、空いているお気に入りの部屋を探すには困らず、あえてシェアをすることなくゆっくりと他の部屋を探してみたかった。
ブラジルで暮らすK君はポルトガル語交じりのスペイン語を屈指し、僕のその旨をアレックスに伝えると、アレックスは親しい何軒かのカサを一緒に回って紹介してくれた。

僕の中にあるカサ選びの条件の一つは「家庭的」であり、できれば小さな子供がいるような家に泊まってみたかった。
そんな条件に見合うカサが見つかったのは何軒も回った後で、そのカサ、「Hostal Media Luna」はアレックスのカサから1ブロック東にある通称Luna通りに面した邸宅だった。

応対してくれたのはまだ若い奥さんのマリーで、このマリーは家族の中で唯一、英語が話せる。
家族は旦那さんのホルヘ、おばあちゃんと7歳の息子ホリヒートと4歳の息子ガブリエルの5人家族。
部屋は小さな中庭に面したダブルの部屋と家の中に入り口のあるツインの部屋があったが、ツインの部屋がキューバでは珍しいトイレとシャワーが別々になった部屋だったこともあり、迷わずにこちらを選んだ。
料金は1泊20cuc(約2200円)。
何軒か回ったこともあるが、どうやらこの値段がトリニダーの一般的なカサの相場みたいだった。

歴史地区はどの家々も繁栄を誇った18~19世紀に建てられた立派な邸宅がそのまま残っており、広々としたお屋敷はカサ・パティキュラルとして部屋の一部を旅行者向けに貸し出している家がほとんどだ。
僕の泊まったカサも左右に鉄格子のある玄関を入るとアンティックなリビングがあり、その奥には中庭、そして階上には見晴らしの良いテラスがあった。

IMG_2856.JPG
カサのリビング

IMG_2910.JPG
テラスから見る景色

チェックインを済ませ、さっそく階上のテラスから西日のあたる町と、その先にある海を眺めてみた。
見渡す周囲の屋根瓦は赤く、パステル基調のカラフルな色合いの家々に道は昔からあるだろう石畳の道。
そして、所々に立つパーム・ツリーが南国情緒を醸し出している。

高い家がなく、こじんまりとした落ち着いた家並みの中、小鳥の鳴き声、路上で遊ぶ子供たちの声がささやきのように聞こえる。
歴史地区内は許可なく車の乗り入れができないので、昔さながらの静かな佇まいがそのまま味わえる。

「いいところへ来たなぁ」。

トリニダーはまさに、現代とはかけ離れた18世紀のキューバがそのまま残った町だった。
PR
Comments
>さきぞうさん

旅に偶然は付き物で、これが付いた時の旅ってけっこう面白かったりするんですけど…。去年のネパールもそうでしたよ(笑)。

トリニダーに関して言えば、町全体がまさに絵葉書に収まるような町並みとして残っていましたね。
絵になる町でした。
Posted by サミー - URL 2009.08.01,Sat 22:15:44 / Edit
そんな偶然もあるものなんですね!
世界って広くて狭い。
トリニダーはとっても美しいところですね!サミーさんが写真撮ってるからか、町全体がまるで絵ハガキのようですね。
6時間の悪路移動した甲斐がある街ですね。
Posted by さきぞう - 2009.08.01,Sat 18:03:58 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字