忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by - 2017.11.23,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by sammy - 2007.12.17,Mon



2005年6月、キューバのハバナからアメリカのニューヨークへ立ち寄って帰る旅をしました。

「ハバナからニューヨークへ」は、映画「ビエナビスタ・ソシアルクラブバンド」そのものであり、
その行程がコンチネンタル航空を利用すれば偶然にも同一料金で可能なことから組んだわけですが、
政治的にも対立を続ける両国の好対照な姿を目の当たりに見て、
それを自分自身がどう感じるのかが大きな目的でもありました。

土曜日の夜。
あのビエナビスタの面々が焦がれて演奏を会したカーネギーホール(写真・上)の前に立ってみました。
ホール前にたむろするセレブな人たちの姿に「世界の違い」を感じ、
オペラハウス(写真・下)の輝く建物の前でくつろぐ恋人たちの姿に、
「アメリカの平和」を感じます。

ny05_130_newyork.jpg

ny05_133_newyork.jpg

そして、アメリカの繁栄の象徴ともいえるのが、
タイムズスクエア(写真・上)のネオンの輝きかもしれません。

でも、でも、何かが違う?

ここへ来るまでにいたハバナの街角や人たちを思い浮かべ、
「何かが違う?」と感じ始めます。

裕福=幸せなのか?

あの寂れたハバナの街角でキューバの人たちは屈託のない笑顔を振舞い続けていました。
僕はその笑顔に「幸せ」を感じていました。

「ここにいる人たちは同じように幸せを感じているのだろうか?」

夜の輝きの中でそう、自問自答を繰り返していたのがこの時のニューヨークでした。

【Jun,2005 / アメリカ・ニューヨーク】

PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字