忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2007.12.03,Mon


今月のたびフォトは「いつかどこかで見た輝き」と題して、
今までの旅の中で見て、そして撮った、
世界各国のライトアップされた建物や都市の夜景ばかりを紹介して行きます。

最初のUPはミャンマーの首都ヤンゴンの中心に位置するスーレー・パゴダ。

夜空に浮かびあがる黄金に輝くパゴダには、
日没後も多くの市民たちが祈りを捧げにやって来ます。
そんな姿に人々の「幸せ」を感じましたが、
ここからわずか数百メートル先の路上では今年9月、
日本人ジャーナリストの長井健司さんが民主化を求めるデモの取材中に軍兵士に撃たれて死亡しました。
信仰心の厚いミャンマーの人たちが日々パゴダを訪れ何を祈ろうが、
それは「自由」ですが、
残念ながらこの国には民衆のための本当の「自由」がない。
そして、それを伝えるべくジャーナリストは制圧する軍の銃に撃ち伏せてしまった。
故人の冥福を祈ると共に、
ミャンマーの人たちが心から祈るべきことが実現できるような社会になるように…。

【Feb,2005 / ミャンマー・ヤンゴン】
PR
Comments
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字