忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2014.07.09,Wed

fish shop / Zanzibar, TANZANIA


ザンジバル島へ到着したのは日が暮れて間もない午後7時過ぎだった。
手配してあったタクシーの運転手はホセ。
実際の名前は「ホセ何とか何とか…」とやたらと長かったが、聞き取りづらい名前の冒頭「ホセ」で彼も了承した。
空港からのタクシー手配は、翌日から泊まるパラダイス・ビーチ・バンガローの日本人女オーナー三浦さんの仲介で、当初は三浦さんの知人運転手だったものが忙しく、その知人を介してやってきたのがホセだった。
「行き先は未定。まずは今晩の宿探しから始まる」。
伝えてあったこちらからの注文どおり、ホセはピックアップしてあった宿を回ることになっていたが、その1軒目「ジャンボ・ゲストハウス」が料金も大幅にディスカウントし、さらには宿泊者1名の貸しきり状態だったことから即決した。



colorful / Zanzibar, TANZANIA


ザンジバル島世界遺産ストーン・タウンは入り組んだ路地で構成されていると言っても過言ではないような町並みで、その路地には午後の8時を過ぎた夕暮れ後も生活臭みたいなものがザワついた活気とともに溢れている。
思い返すのはインド・バラナシの路地で、あれほどのゴチャゴチャ感こそないものの、まるで迷路のような路地の構成に異国を思わせるには十分過ぎるイデタチの人々。
僕はその中へと入りこんだ。



a cat in the alley / Zanzibar, TANZANIA



stone town / Zanzibar, TANZANIA



光の中で / Zanzibar, TANZANIA


宿泊を決めたジャンボ・ゲストハウスもそんな路地の中にあったが、実際にそこから外へ数歩出てみると、薄明かりの町では方向感覚も、どこに何があるのかを探し当てる彷徨いにしても迷路のような路地ではおぼつかず結局、到着した晩の夕食はスタッフの教えどおりに道を歩き、そこにたまたまあった赤提灯のチャイニーズ・レストランで落ち着いた。

* * *

翌朝、あらためて外へ出ると石造りの家々の合間からアフリカの強い日差しがそそいでいた。
ここまでの長いフライト、出発前の連続勤務、不十分だった睡眠時間。
ここへ到達するまでの頭の重みが一気に消えるほど昨夜はグッスリと眠れ、スッキリとしたその状態で見るストーン・タウンの迷路の路地は、僕の旅の興奮を抑えきれないほどに魅力を放って見えた。



佇み / Zanzibar, TANZANIA



語らい / Zanzibar, TANZANIA


よし、歩こう!
旅はここ、ストーン・タウンの路地から始まった。


PR
Comments
>g00dayさん

ザンジバルはアラブのようなアフリカですね。路地歩きにも趣きを感じます。人も大陸とは違って穏やかですし、治安の悪さも感じませんでした。
ここだけを目的に旅するというよりは、立ち寄る程度の旅行者が多いみたいですが、ゆっくりと時間を過ごすにも魅力的な場所かもしれないです。
Posted by サミー - URL 2014.07.18,Fri 15:04:39 / Edit
1枚目のお魚をくわえたがってそうなドラ猫と狭い路地、なんともいいですね。
久しぶりに迷路のような街をあてもなくフラフラと歩いてみたいです。
私の滞在中、アラブの様な街並みなんだけれど、近くの教会から賛美歌が流れてきたのを思い出しました。
Posted by g00day - URL 2014.07.16,Wed 09:42:13 / Edit
>黒澤さん

今のザンジバルは観光で栄えていることもあって、訪れる者にとっては魅力的かつ居心地の良さを感じられる場所でした。
タウンの散策もそうですが、ビーチの美しさは秀逸ですのでいつかぜひ!
Posted by サミー - URL 2014.07.14,Mon 21:27:03 / Edit
ザンジバルはかつてポルトガルのアジア、ブラジル貿易でも栄えたところですね。非常に興味深いです。
Posted by 黒澤 - 2014.07.12,Sat 09:11:12 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字