忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2014.03.23,Sun

classroom / Siem Reap, CAMBODIA


今回のバイタク運転手サイハーくんの故郷ロヴィア村へ行く途中、従兄弟が先生をしていると言う小さな小学校へ立ち寄り、見学させてもらうことになった。
あいにくサイハーくんの従兄弟は不在だったが久々に訪れるカンボジアの小学校。
日本のようにお堅いことはしない言わない、ゆるゆるの空気はここにも流れ、子どもたちは突然の珍客に喜びはしゃぎ、先生は怒ることもなくニコニコと子どもたちの喜ぶ姿を眺めている。
とにかくウェルカム状態だが、アポなしの突然の訪問はただでさえ教育を受ける時間はおろか、その機会さえ限られるカンボジアの子どもたちの迷惑になってはいけない。
元気はいただき、そうして元気を発散できる要因になれば僕もうれしい。



peace! / Siem Reap, CAMBODIA


授業中の教室を二つほど見て回ったが、二教室目の子どもたち、その中でもとりわけ入り口横に机を並べた女の子4人組が愛嬌抜群に笑顔を振りまいていた。
サイハーくんに訊いてもらったら4人ともロヴィア村から通学する子どもたちだった。
実は今回、あるプランを考えていた。
それを実行すべく、子どもたちとある約束を交わす。



記念写真 / Siem Reap, CAMBODIA


ほんの短い時間の見学だったが、最後にクラス全員を校庭に集めて校舎をバックに記念写真を撮らせていただいた。
子どもたちが笑顔を振りまくその後ろには、イオン・グループ建立の看板が記されている。
どうやら、この小さな小学校は日本のイオン・グループの援助で造られた学校らしい。
日本の人たちの心がこの子どもたちの喜ぶ笑顔を作ったかと思うと、なんだかうれしい気持ちがこみ上げてきた。


PR
Comments
>Meet Youさん

僕個人は、この国を良くするのも悪くするのも支援だと思っています。結局のところ、道徳に絡む教育の問題だと思いますが、学校を建てても土建屋よりもはるかに安い給料で教師がやっていけず、教員の確保さえも難しいのが今の現状です。だから逆に、こうして教育を受ける機会のある子どもたちは幸せなんですよね。
こうして伝えることで何かしらを思ってもらえることに意義を感じています。
Posted by サミー - URL 2014.03.25,Tue 22:16:58 / Edit
いい笑顔ですね~
カンボジアに行って驚いたのが支援によって作られた学校と井戸の多さでした。
ライオンズマンションやら、寄贈者の名前を付けた学校名をよく見ましたね。
私は学校に入る機会はなかったのですが
外から見てて数多くの学校が建てられてたけど
完成した段階で関係が切れ、資金面で行き詰ってるような学校も見られました。
みんな自身の名前を付けたいのは分かるんですけど
もう少し協力し合えたら、もっと有効な支援になるのなぁと偉そうに思ってましたね(笑)

私もちょくちょく学校にお邪魔するので
授業の邪魔をしたくないという気持ちわかります。
でも、写真を撮らずに教室にいるだけでも
みんな集中できないので邪魔者になっちゃうんですよね(涙)
Posted by Meet You - URL 2014.03.25,Tue 11:43:39 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字