忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by - 2017.11.24,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by sammy - 2013.03.13,Wed
 
菩提樹の下で / Amarapura, MYANMAR


今月発売の「TRANSIT」はミャンマー特集。
春の陽気にかられ、ウトウトと部屋でページをめくっていると逃避願望も再熱してくる。
素朴さが今なお当たり前のように残り、人々も物も景色も全てがスレていないミャンマーは経済同様、興味本位に訪れるにしても開拓前の魅力が存分にある。
それはこの「TRANSIT」誌面からも伝わり、きっと僕同様に日常からしばしの逃避を求めるような願望者たちが満足するような内容となっている。定価の税込み1800円は廉価とは言えないが、ネットとは違った手軽さで気分を養える雑誌は安い逃避手段かもしれない。

まだ見ぬ景色、ふれたい空気。
さまざまな願望全てを叶えることはできなくても、ところどころでそういった願望を叶え、それが活力なり日常への糧となる。
だから僕は旅に出る。そして、さまよう。



after sunset / Amarapura, MYANMAR

PR
Comments
>Naozoさん

ミャンマーはNaozoさんが暮らすバンコクから見ても、たった1時間ちょっとのフライトで行けるのに人も景色も違う、近くて遠い国かもしれないですね。入国も面倒ですし…。
それでも、いつかぜひ!
Posted by サミー - URL 2013.03.21,Thu 20:13:20 / Edit
懐かしい夕景です。
またいつか行きたいと思います。
Posted by Naozo - URL 2013.03.21,Thu 19:28:50 / Edit
>ユウジさん

ミャンマーで強く印象に残るもののひとつが夕陽の美しさ。1日が終わる儀式のように日が沈む美しさは、それだけで訪れる価値があるかもしれないですよ!
Posted by サミー - URL 2013.03.18,Mon 20:03:10 / Edit
なんて美しい夕日ですか…ミャンマー行ってみたくなりました!
Posted by ユウジ - 2013.03.16,Sat 22:26:03 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字