忍者ブログ
sometime,somewhere...
Posted by sammy - 2009.04.29,Wed


キューバへ行くことに決めました。
2001年、2005年と過去に2度も行った国ではありますが、自分の中では去年くらいからずっとしたためていた3度目の再訪プランでもあり、規定路線とでも言うべきか、早くから狙っていたのは6月頭の旅でした。

本来ならば規定路線で考えていたのだからもっと早くに決めこんでいてもよかったわけですが、厄介なことに年度切り替えで職場の人員削減が行われ休暇も危うくなったり、更には予想をはるかに上回る額の航空券代だったこともあり、先週始め頃には一時キューバ行きをあきらめて「モロッコへでも行こうかな」と本気で考えて検討もしたりしたのですが、僕の三度行きたいと思うキューバ熱は冷め切らず、結局は元のさやに納まる形で決めたわけですが…。
メキシコのカンクン経由での航空券を予約した矢先に今度は突如としてふって沸いた豚インフルエンザ騒動!

「人間万事塞翁が馬」とでも言うべきか、休暇が確実に取れるのか不確定要素が大きかったため、予約した航空券は入金はもちろん、発券も先延ばしにしてあったためキャンセルし、代わりに高値で一度は断念したエア・カナダのサイトを覗いたらなぁ~んと、メキシコ経由で行くよりも今度は数万円単位で安くなっている!
すぐにでも買ってしまいたい衝動を抑えたのが27日深夜のこと。
そして明けた28日、豚インフルエンザ騒動は一段と大きくなっているし、これだったら休暇が確実に取れているのかの確認を早めにお願いした上で航空券をエア・カナダのサイト上で買ってしまおうとチャレンジしたら…。
しまった…。
昨晩よりも一気に値段が上がっている…。

メッチャクチャ悔しかったですけど考えてみれば当初購入予定だった価格よりはそれでも2万円以上安かったわけだし、メキシコ経由を避ける以上、他にキューバへ行く空路もないわけだし、せこい(?)悩みを重ねた後で買っちゃいました。

これにて3度目のキューバ行き、ほぼ決定です。
「ほぼ」と言うのは僕の場合、仕事が4週間分のシフト勤務なので旅の最初の6日間は今作っているシフトの最終週なので確認済み。残りは来月末に判るわけですが、「ほぼ」大丈夫でしょう。一抹の不安は無きにしも非ずですが(笑)。

cu05_621_havana.jpg

でもなぜ、こうもキューバ行きにこだわったんでしょうね?
うやむやな部分こそあれど、「今の時代だから」と言うのが心に潜めていたことがあります。
僕は決して「赤」の思想ではないですけど、「社会主義=悪」だとは思っていません。
私利私欲に夢中な独裁者の存在は「=悪」だと思いますが、社会主義はある意味の理想国家でもあります。
僕がキューバへ三度行こうと思ったのは、理想と現実のはざ間で生きて暮らすキューバ国民の「今」と自分たちの「今」とを対極に照らし合わせて、理想だとか夢だとかが「いったい何なんだろうなぁ」って考えてみたかったのかも。

ぼ~んやりとでいいんです。
だって、絶対的な答えなんてないわけだし。

承知のように世は未曾有の不況。
雇用情勢も悪ければ雇用形態だって悪くなる一方。
今がそんなことを考える旅のタイミングかなと。

とにかく、航空券を抑えてしまった以上、キューバ・モード突入です!
でも、出発はまだまだ先の6月1日。

待ち遠しい!
PR
Comments
>さきぞうさん

キューバまでは行き帰り共にトロントでの宿泊が必要なので何時間というか、2日がかりですね。
それもトロント~ハバナ間が隔日運行なので帰路はトロントに2泊してナイアガラの滝でも見に行こうかなと計画中です。

社会主義国と言えども、市場経済が導入されていない本当(?)の社会主義国となるとキューバのような国は貴重でもあり、資本主義国家側からすれば迷惑な存在かもしれないですね。

キューバ国民にしても自由を求めているでしょうが、暮らしの保障のある今に満足もしていると思います。
そんなはざ間の心境みたいなものも感じ取ってみたいですね。
Posted by サミー - URL 2009.05.02,Sat 18:29:58 / Edit
キューバですか。
何時間くらいかかるんでしょうか?
昔、カンクンまでは行ったことがあるのですが、その記憶も10年前で。。
ネパールも今や社会主義国。でも、人々は1年前とちっとも変らず、国の政策が違っても変わらないものがあると感じます。また写真楽しみにしてます。
Posted by さきぞう - 2009.04.29,Wed 22:49:07 / Edit
Post a Comment
Name :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字